岩倉正敏 新会長のご挨拶

この度、一般社団法人香川県中小企業診断士協会会長にご選任いただきました、岩倉正敏です。

今後2年間の任期中、新役員の方々のお力をおかりし、県協会の発展に尽力させていただきたいと考えております。
会員の皆様におかれましては、ご協力賜りたくお願い申し上げます。
現在世界は、過去に経験したことのないほど大きな危機に直面しています。
この影響は、中小企業にとっても避けられるものではなく、企業は大きな変化を求められております。
企業は、失われた日常を懐かしむのではなく、自らの意思で新しい未来を求める姿勢を貫かねばなりません。
その企業様の新しい未来の実現を支援することが、私達中小企業診断士の役目です。

今回の就任にあたり、新任役員の方々と協議検討を重ね、県協会の目的と役割を下記のとおり改めました。

 

1.協会の目的

真の中小企業支援者を志し誠実に実践するものを真摯にサポートする。

中小企業診断士のすべきことは、企業経営支援です。
企業の事実を直視し未来に向けた伴走者たることが、真の中小企業支援者です。
そのような皆様の活動を真摯にサポートすることが、県協会の存在意義だと考えております。

 

2.協会の役割

協会会員の中小企業支援者としての判断基準向上を支援する。

中小企業診断士の商品は、企業経営に対する判断です。
その判断を企業さまに助言するとともに、実行支援を行うことで、永続的な企業発展を目指します。
しかしながら、他仕業と異なり、その判断の拠り所は個々の診断士に依存しているのが現実です。
そこで、県協会では、個々の診断士の判断基準向上の支援を役割とします。

 判断基準  =  知識  ×  経験  ×  覚悟

 

(1)知識

常に多方面から情報発信を行い、会員の視野拡大・思考停止回避を支援する。

最新施策情報のみならず、県協会でセミナー各種勉強会等を企画運営することで、様々な情報発信を行ってまいります。
呼吸をするように様々な知識を欲する皆様のご要望に、お応えするよう努力し続けます。

 

(2)経験

得た知識を実践で活用できる場を、すべての会員に提供する。

県協会で受託した業務に関しては、ご希望されるすべての会員様に、公平にご依頼させていただきます。
また、県協会主催の研修・セミナー等実践の場を提供いたします。
また、資格取得間もない方、自分の支援方法に不安のある方には同行支援も行いますので、積極的にお申し付けください。

 

(3)覚悟

言行一致の姿勢を常に貫ける専門家集団となるべく、企業経営者の範となる会員の成長を支援する。

経営指導は、厳しい仕事です。常に自らの行動を振り返り、反省し成長していく皆さまをご支援します。

 

香川県協会は、常に変化し続けてまいります。
会員の皆様におかれましては、協会活動への積極的なご参加、当協会の運営についてのアイデア、ご意見を頂きますようお願いいたします。

 

2020年6月

一般社団法人香川県中小企業診断士協会
会長 岩倉正敏

 

 

一覧に戻る